本セミナーは「知財初心者」や「中小企業の知的財産関連業務をされている方」をはじめ、
様々な要望をもった方に対応するため、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木・山梨で多種多様なテーマで講演を行います。
あなたのニーズにマッチする講演がきっと見つかります!
近隣の方も含め、ぜひご参加下さい!

in 神奈川

開催日: 2018年2月28日(水) 13:30~18:45 知財広め隊
会 場: 鎌倉商工会議所 301会議室
(神奈川県鎌倉市御成町17-29)
主 催: 日本弁理士会関東支部
後 援:

鎌倉商工会議所、鎌倉市、一般社団法人神奈川県発明協会、
藤沢商工会議所、逗子商工会

定 員: 30名
チラシPDFダウンロード
看板・名前をずっと使い続けるために/社長が知っておきたい商標の3つのポイント
1.商標権を持っていないとどうなるか
2.強い商標とネーミングのコツ
(―「鎌倉○○」という名前は独占できるの?―)
3.中小企業が生き残るためのブランドの育て方
■商標権を持っていないとどうなるか
時 間: 13:30~14:20
内 容: 大切に培ってきた自社のブランド名が、ある日突然使えなくなってしまったらどうしますか。企業活動のために、商標権の獲得は必須と考えます。ブランドの決定から商標権獲得までと、ブランド名のその後の管理までの、基本的な事項を説明します。
講 師: 弁理士 穂坂 道子
■鎌倉○○という名前は独占できるの?強い商標とネーミングのコツ
時 間: 14:30~15:20
内 容: 古都鎌倉は、その名前だけでも非常にブランド価値のある地域です。「鎌倉○○」という名前は、市内外を問わず人気の名前で、多くの事業者が使いたい商標です。「鎌倉ハム」のような商標は、独占して使用し、自社ブランドとして育てることは可能でしょうか?強い商標のポイントと、末永く使えるネーミングのコツをお話しします。
講 師: 弁理士 渡部 仁
■中小企業が生き残るためのブランドの育て方
時 間: 15:30~16:20
内 容: 商標は、登録しただけでは識別記号としての意味しかありません。しかし、上手に育てることでブランドとしての価値が生まれ、そこに人が集うようになります。長年続いている企業は、このブランド力を獲得しています。実は、中小企業こそブランドとして成立しやすいのです。そもそもブランドとは何なのか?どうしたら育つのか?中小企業のためのブランド化をご説明します。
講 師: 弁理士 高橋 友和
■交流会
時 間: 16:45~18:45
  関東支部神奈川委員会の弁理士および参加者による交流(参加無料)
会 場: レストラン レネ(鎌倉市御成町10-4)