トップページ > 無料相談・セミナー情報など・支援活動について

日本弁理士会関東支部の行う支援活動をご紹介します。2012年度に茨城県で行われた主なイベントの一覧です。

支援活動について

開催県

茨城県

日時

2012/8/6 11:00〜12:00

テーマ

小学生向け知的財産出前授業

対象者

小学2〜6年生、教員、保護者

会場

古河市ユーンター総和

講師名

岩永勇二(学校教育支援委員会委員長)
栗田由貴子(学校教育支援委員会)

参加者人数

130人

セミナーの様子

今回の出前授業は、「科学大好き古河っ子集まれ!未来の科学者・発明家育成プロジェクト」の中の1つの演題としてのスタイルで行いました。
参加した小学生のお子さんたちは、科学研究作品、発明工夫作品に関心のある児童および受賞者児童と、その保護者、関係者で、総勢130名程度でした。
小学生低学年から高学年までと幅広い参加者となりましたが、参加児童の発明に対する意識が高いこともあって、授業態度も良好であり、こちらからの問いかけには、沢山の意見が積極的に挙げられました。また、その際の児童の意見内容もユニークなものから、的確なものまであり、子どもたちのレベルの高さが感じられました。

▲ページトップ

開催県

茨城県

日時

2012/8/6 11:00〜12:00

テーマ

知的財産出前授業

対象者

小学生、保護者

会場

古河市ユーンター総和

講師名

岩永勇二(学校教育支援委員会委員長)
栗田由貴子(学校教育支援委員会)

参加者人数

130名

セミナーの様子

今回の出前授業は、「科学大好き古河っ子集まれ!未来の科学者・発明家育成プロジェクト」の中の1つの演題としてのスタイルで行いました。
参加した小学生のお子さんたちは、科学研究作品、発明工夫作品に関心のある児童および受賞者児童と、その保護者、関係者で、総勢130名程度でした。
小学生低学年から高学年までと幅広い参加者となりましたが、参加児童の発明に対する意識が高いこともあって、授業態度も良好であり、こちらからの問いかけには、沢山の意見が積極的に挙げられました。また、その際の児童の意見内容もユニークなものから、的確なものまであり、子どもたちのレベルの高さが感じられました。

▲ページトップ

開催県

茨城県

日時

2012/7/18 10:30-12:15

テーマ

発明工作授業

対象者

茨城県古河市立下大野小学校 小学5〜6年生

会場

茨城県古河市立下大野小学校

講師名

小川潔(学校教育支援委員会副委員長)
杉岡真紀(学校教育支援委員会委員)
日向麻里(学校教育支援委員会委員)
金山義信(茨城委員会委員)

参加者人数

102名+先生6名

セミナーの様子

校長先生、教頭先生、担任の先生方の見守る中、3時限目に5年生47名、5分休みを挟んで4時限目に6年生55名を対象に発明工作授業を行いました。
簡単にあいさつを済ませた後、初めの5分ぐらいかけて、電子紙芝居「特許って何?(レオ太の携帯糸電話開発物語)」をしました。キヨじいやレオ太など主要な役は学校の先生方にお願いし、ナレーションと脇役は弁理士側で担当したので、最初はざわざわしていた子供たちも、あっという間に静かになり、話に引き込まれていました。
各グループの机に分かれ、各自工作を始めると、何をやったらよいのかわからない子供たちでしたが、次第に自分で考えて手を動かし始め、夢中になっていました。
工作に充てられる正味の時間が少々足りなかったので、中途半端になった子供たちも多かったですが、完成した子供たちもおり、それぞれ、貴重な体験をできたものと思います。
6年の担任の先生方からは、「子供たちにとって刺激になったと思う」と言われ、校長先生や教頭先生からも感謝・感激の言葉をいただけました。
講師4名のうち、2名は、初めてでしたが、すぐに慣れて子どもたちにやさしく声をかけていました。お互いにとって良い体験になったと思います。

▲ページトップ

▲ページトップ

弁理士知財キャラバンへ設立10周年記念誌へ相談室予約専用ページ

東京都千代田区霞が関3-4-2

商工会館・弁理士会館内

  • TEL:03-3519-2751
  • FAX:03-3581-7420
  • E-mail:info-kanto@jpaa.or.jp