トップページ > 無料相談・セミナー情報など・支援活動について

日本弁理士会関東支部の行う支援活動をご紹介します。2013年度に埼玉県で行われた主なイベントの一覧です。

支援活動について

開催県

埼玉県

日時

平成25年12月18日(水)15:00〜17:00

会場

埼玉会館 3C会議室(けやき)(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4)

講師

奥田 飛功 氏
現 デジタルアーツ(株)ブランドマネジメント室長
元 日産自動車(株)ブランドマネジメント室次長
元 ソニー(株)ブランドマネジメント室長

内容

企業や自治体が持続的な成長や生き残りをかけてステークホルダーからの共感を得るための経営とは何かという課題に取り組んでおります。そこには競争優位の源泉としての存在意義やコアの価値を明確に定義して、それを製品やサービスに具現化しブランドとして的確に届けることが求められます。この循環を競合他社との関係でマネジメントすることをブランド戦略といい、主に商標管理との関係で具体的事例とともに解説します。

申込

以下の申込専用URLよりお申込いただくか、チラシ申込書に必要事項をご記入のうえFAXにてお申込ください。
<申込専用URL>
http://www.benrishi-navi.com/f/?id=7224&type=7224
※定員に達した時点で、受付を締め切りますので何卒ご了承ください。

お問合せ先

日本弁理士会関東支部室 鈴木
TEL:03(3519)2751

▲ページトップ

開催県

埼玉県

日時

平成25年11月9日(土) 10:30〜15:30

会場

コルソ7階 ホール(さいたま市浦和区高砂1-12-1)

主催

埼玉友好士業協議会(埼玉弁護士会、埼玉司法書士会、埼玉土地家屋調査士会、関東信越税理士会埼玉県支部連合会、埼玉県行政書士会、埼玉県社会保険労務士会、日本公認会計士協会埼玉県会、埼玉公証人会、(社)埼玉県不動産鑑定士協会、(一社)埼玉県中小企業診断協会、日本弁理士会関東支部)

相談方法

街頭における無料相談
※予約不要

主な相談内容

各専門家が案件に応じて、相談をお受けします。

お問合せ

埼玉弁護士会
TEL:048(710)5666

▲ページトップ

開催県

埼玉県

日時

平成25年9月14日(土)、15日(日)

会場

さいたまスーパーアリーナ コミュニティーアリーナ

相談員

栗田 由貴子、日向麻里(日本弁理士会関東支部知財教育支援委員会)
有馬百子、杉岡真紀(日本弁理士会関東支部埼玉委員会)

内容

日本弁理士会関東支部がブース出展いたします。
女性弁理士による「無料知的財産相談」を行います。
特許、実用新案、意匠(デザイン)、商標(ブランド)、著作権等の知的財産のご相談を承ります。

▲ページトップ

開催県

埼玉県

日時

毎月第2木曜日 13:00〜16:00

会場

創業・ベンチャー支援センター埼玉

相談員

日本弁理士会関東支部 埼玉委員会 委員

▲ページトップ

開催県

埼玉県

日時

2014/1/913:00〜16:00

対象者

ベンチャー起業家

会場

創業・ベンチャー支援センター埼玉

相談員

杉原鉄郎

参加者人数

2名

セミナーの様子

相談を受けた主な内容は以下の通りです。
(1)商品・アイデアを企業等に提案する際に、相手方の盗用等を防衛する方策としてどのようなものがあるか。
(2)特許、意匠の対象となりにくいコンテンツ(例えばWeb上のアニメーション)を、著作権により防衛するにはどうすればよいか。
(3)提案先とのライセンス契約の方法は?
このうち、(2)、(3)については、当方も含めて適切にアドバイスできる弁理士は少ないのではと思われます。
弁理士の業務拡大策の一つとして、「ベンチャービジネスへの支援」が今後、ますます重要になって行くものと実感しました。

▲ページトップ

開催県

埼玉県

日時

2013/10/1013:00〜16:00

対象者

創業予定者等

会場

創業・ベンチャー支援センター埼玉

相談員

岡田宏之

参加者人数

2名

セミナーの様子

前日までに予約されていた2件の相談を受けました。
いずれも主婦の方が、身近なところで不便を感じているところを工夫したものを、製造、販売する事業を考えていて、知的財産権でどのように保護できるか、という点での相談でした。
相談を受けた印象としては、意匠権での保護が適切なように思いましたが、相談者は、「特許」を聞いたことがあるという程度で、実用新案、意匠については聞いたこともない、という状況でしたので、基本的な考え方の説明に時間を要しました。
ただ、新規性等の点で難しい状況になっていたり、弁理士に依頼した場合の費用等の問題もあり、それにどのように対応していくかは、次の課題と思います。
いずれの方も非常に熱心に話をされ、やむなく予定の1時間で相談を打ち切りましたが、もっといろいろと相談したい、という印象を受けました。

▲ページトップ

開催県

埼玉県

日時

2013/8/813:00〜16:00

対象者

新規創業者

会場

創業・ベンチャー支援センター埼玉

相談員

飯塚道夫

参加者人数

1名

セミナーの様子

相談内容としては、ネットショッピングで今後売り出す「小物」についてのものでありました。
意匠出願にすべきか、特許出願にすべきかを相談者は迷っておられるようでした。また、「小物」の販売後に出願する場合の新規性喪失の例外の手続について詳しく説明することを求められました。
この他に、特許出願の流れと手続に伴って発生する料金及び手数料をわかりやすく説明しました。
委儒の結果、相談者は費用を考慮して、今後出願すべきか否かを判断したいとお話ししていました。

▲ページトップ

▲ページトップ

弁理士知財キャラバンへスタートアップのための特許入門相談室予約専用ページ

東京都千代田区霞が関3-4-2

商工会館・弁理士会館内

  • TEL:03-3519-2751
  • FAX:03-3581-7420
  • E-mail:info-kanto@jpaa.or.jp