トップページ > 無料相談・セミナー情報など・支援活動について

日本弁理士会関東支部の行う支援活動をご紹介します。2011年度に山梨県で行われた主なイベントの一覧です。

支援活動について

開催県

山梨県

日時

平成23年8月1日〜平成24年3月31日
毎月第2水曜日 午前10時〜正午

テーマ

知的財産権相談

対象者

小規模事業者等

会場

北杜市商工会(山梨県北杜市長坂町長坂上条2575-19)

相談員

日本弁理士会関東支部山梨委員会 委員

外部団体URL

北杜市商工会

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年5月1日〜平成24年3月31日
毎月第2火曜日 午後1時〜午後4時

テーマ

知的財産権相談

対象者

小規模事業者等

会場

富士吉田商工会議所(山梨県富士吉田市下吉田1643-17)

相談員

日本弁理士会関東支部山梨委員会 委員

外部団体URL

富士吉田商工会議所

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年5月1日〜平成24年3月31日
毎月第2水曜日・第4水曜日 13:00〜16:00

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

相談員

日本弁理士会関東支部山梨委員会 委員

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成24年3月14日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

土橋 博司 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

3名

セミナーの様子

1)学生の方が相談にみえました。
<相談内容>
特許出願の書類の作成全般について教えてほしい
<回答>
電子図書館を用いた先行技術の調査方法について、特許庁のHPの書類項目、また知財総合支援窓口について回答した

2)建設業の経営者の方が相談にみえました。
<相談内容>
経営的に厳しい状況なので新規事業を考えており、案を持参された。
<回答>
電子図書館を用いた先行技術の調査方法について説明した。

3)地方公共団体の職員の方が相談にみえました。
<相談内容>
地域の特産物の名称の商標について、先願が見つかったのでその対策を教えてほしい
<回答>
調理して提供するものはOK、テイクアウトについては侵害の有無を検討する必要がある旨を指摘した。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成24年3月13日(火) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

富士吉田商工会議所

講師名

浅川 哲 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

2名

セミナーの様子

相談1
(1)相談概要:特許権侵害訴訟における損害計算のため鑑定について概要を知りたい。
(2)相談指導:特許法第105条の2の規定の趣旨、規定の内容などを説明する。

相談2
(1)相談概要:LEDを用いた小型照明装置を開発したので知的財産で保護したい。何を登録すればよいのか、登録可能性はあるのか、費用はどの程度か知りたい。

(2)相談指導:意匠登録、商標登録による保護が有効であり、登録可能性は先行調査をしてその結果を見なければ何とも言えない。しかし、意匠登録に関しては登録可能性が高いと思われるとの助言をする。費用については、意匠出願と商標出願した場合の概算を説明する。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成24年2月22日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

浅川 哲 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

3名

セミナーの様子

相談1
(1)相談概要:登録商標を無断で使用している商品が出回っているので何とかしたい。

(2)相談指導:商品を撮った写真をみると、確かに登録商標が使用されている。相談者にはこのような場合の有効な手段について助言する。

相談2
(1)相談概要:新しい合金の製造方法を開発したが、特許の可能性があるかどうかを相談したい。

(2)相談指導:要求する権利範囲をカバーするだけの実験データが整っていないため、特許化は難しいとの説明をする。また、追加すべき実験及びデータについて助言する。

相談3
(1)相談概要:ノートの罫線の引き方に関するアイデアは知的財産の対象となるかを相談したい。

(2)相談指導:実用新案登録又は意匠登録での保護が可能であるとの説明を行う。IPDLを検索するとかなりの数の出願があるので、相談者には自ら先行技術調査が行えるようにIPDLでの検索方法を指導する。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成24年1月11日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

土橋 博司 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

1名

セミナーの様子

(1)南アルプス市の企業経営者(製造業)が相談にみえました。
<相談内容>
木材チップを利用した寝具類を製造しているが、同様の構造をアイマスクに応用した商品を開発した。類似の申請があるかどうかを調べたい。

<回答>
電子図書館を用いた先行技術の調査方法について回答した。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成24年1月11日(水) 10:00〜12:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

北杜商工会

講師名

志村正樹 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

リンク

北杜商工会

参加者人数

1名

セミナーの様子

発明に関する相談でした。「フェンスの支柱と横板を固定する取付構造に関する発明をした。このフェンスを発売したら他社が模倣するだろう。予め他社の模倣を防ぐ策を講じたい」とのことでした。
特許と実用新案のそれぞれの特徴を説明しながら、相談者の状況を伺いました。早期権利化を図りたいこと、費用をあまりかけたくないこと、ライフサイクルが短そうなこと等を相談者が話されたので、実用新案を勧めました。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成24年1月10日(火) 13:00〜16:30

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

富士吉田商工会議所

講師名

浅川 哲(日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

1名

セミナーの様子

(1)相談概要:富士山と分かる形状のシフォンケーキの意匠登録について

(2)相談指導:ケーキの表面に異なる模様を付した3種類について、その登録可能性を助言する。
他社が同じようなシフォンケーキの販売を始めたとのこと、今後の方針について検討、助言する。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年12月21日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

浅川 哲 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

1名

セミナーの様子

(1)相談概要:子宮頸がんに対する学習会や説明会、予防ワクチンの啓発活動に用いるマスコットの商標登録について。
(2)相談指導:マスコットを商標登録した場合のメリットを助言し、指定商品及び指定役務をどのような範囲にするか、IPDLによる先登録調査の仕方、登録可能性などについて助言する。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年12月13日((火) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

山梨県富士吉田市富士吉田商工会議所

講師名

土橋博司(日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

2件2名

セミナーの様子

1.自営業の方
<相談内容>
先行する実用新案権における「ペットの遺骨をガラスに封入したガラス珠」の権利の範囲を教えてほしい
<回答>
当該権利のポイントは「遺骨」を「粉粒状にしない」で封入する点にあり、粉粒状で封入するのであれば、問題ない旨回答しました。

2.自営業の方
<相談内容>
マフラーを襟元で保持することができるアイデアについて
<回答>
同種の先行技術があるかどうか、調べて報告する旨回答しました。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年9月14日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

土橋博司 (日本弁理士会関東支部山梨委員会 委員)

参加者人数

2名

セミナーの様子

1)市内の企業経営者(製造業)が相談にみえました
<相談内容>
医工連携に関連して、基本特許についての改良案を創出した。
このまま改良案を単独で出願しても問題ないかどうか確認したい。
<回答>
法律的には単独で出願しても問題ないと思われる。
ただ、今後も連携するのであれば大学と協議した方がよいのではないか。

2)笛吹市の企業経営者(製造業)が相談にみえました
<相談内容>
特許を2件保有しているが、特許権を侵害してると思われる類似品がみつかった。このまま放置しておけないので、どのような対応策があるかを教えてほしい。
<回答>
相手方との協議が可能か。
もし協議が不調に終わるようであれば、警告書をだしておく方が今後の係争に有利ではないか回答しました。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年9月13日(火) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

山梨県富士吉田市富士吉田商工会議所

講師名

浅川哲(日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

参加者人数

4名

セミナーの様子

1.
(1)相談概要:特許権侵害訴訟の特徴について
(2)相談指導:過失の推定、損害額の推定、知財高裁など知的財産訴訟に特有な点を説明する。

2.
(1)相談概要:拒絶理由通知に対する応対の仕方について
(2)相談指導:29条1項2項などの実体的理由と、36条、38条などの形式的理由に分けて、それぞれ応答の仕方を指導する。

3.
(1)指導概要:高温超伝導技術に関する特許出願をし、既に公開もされている。
最近ある大学でこの技術を使った装置を実用化する動きがある。今後どのようにしたらいいか。
(2)相談指導:まず、本出願の発明に相手の装置が含まれるかどうかをよく検討する必要がある。その上で、本出願の権利化を急ぐ場合には早期審査制度を利用し、公開公報を提示して警告することもできるなどの手段を説明する。

4.
(1)相談概要:釣用おもりを考案したが、特許又は意匠の対象となり得るか。
(2)相談指導:シンプルな形状ではあるが、一定の技術的効果が認められる。また、デザイン的にも優れている。特許及び意匠の対象になり得るとの助言をする。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年12月14日(水) 10:00〜12:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

山梨県北杜市 北杜商工会

講師名

志村正樹 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会 委員)

リンク

北杜市商工会

参加者人数

2名

セミナーの様子

1人目は特許・実用新案に関する相談でした。
フェンスの構造に関する発明をして、特許出願または実用新案出願を行いたいが、どちらにすればよいか迷っているとのことでした。
そこで、特許と実用新案のそれぞれの特徴を説明しながら、相談者の状況を聞きました。早期権利化を図りたいこと、費用をあまりかけたくないこと、ライフサイクルが短そうなこと等を相談者が話されたので、実用新案出願を勧めました。

2人目は商標に関する相談でした。
お菓子に関する自分の商標権を侵害している他の業者がおり、この業者の商標使用をやめさせたいとのことでした。
この商標登録をIPDLで検索し、ヒットした商標に相違ないことを相談者に確認しました。
この登録商標は図形と識別性がない文字と思われる文字からなります。
一方、この業者は、この識別性がないと思われる文字を含む商品名を、ネット販売で使っていました。
図形を含めての登録商標なので、この登録商標と文字のみからなる使用商品名は類似していないと私は判断する旨、相談者に回答しました。
また、業者の商品名が産地+材料+普通名称なので、登録商標に関係なく、業者はその商品名を使用できると私は判断する旨、相談者に回答しました。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年11月9日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

土橋博司 (日本弁理士会関東支部山梨委員会 委員)

参加者人数

2名

セミナーの様子

1)笛吹市の企業経営者(製造業)が相談にみえました
<相談内容>
特許を2件保有しているが、特許権を侵害していると思われる企業に警告書を送った。抵触していないとの回答があったが、どのように対応したらよいか。
<回答>
自社の権利の解釈が構成要件のどれかに該当すれば侵害だという理解だったので、各構成要件を全て満たしていないと権利の侵害を問うことは出来ない旨を回答した。

2)市内の個人が相談にみえました。
<相談内容>
ビジネスモデルを考案した。権利化するにはどうしたらいいか
<回答>
ビジネスモデル特許は「ソフトウエアの特許」であることを説明した。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年10月26日(水) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

甲府商工会議所

講師名

浅川哲 (日本弁理士会関東支部 山梨委員会)

参加者人数

2名

セミナーの様子

1.
相談概要:高枝鋏に関する発明の特許性について
相談指導:IPDLによる検索方法の指導。新規性及び進歩性の検討。さらなる改良が必要であること、その場合どのような点を改良すればよいのかを助言しました。

2.
相談概要:樹脂再生処理の減容器に関する発明の特許性について
相談指導:今回の提案は、減容器で融点の異なる2種類の樹脂を再生処理する場合の方法に関するものであるが、投入時の温度と融点との関係、投入量や樹脂の種類との関係など、さらに実験を重ねて今回の再生処理の特徴を整理する必要があるとの助言をする。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年10月11日(火) 13:00〜16:00

テーマ

無料特許相談

対象者

一般

会場

山梨県富士吉田市富士吉田商工会議所

講師名

土橋博司 (日本弁理士会関東支部山梨委員会 委員)

参加者人数

1名

セミナーの様子

<相談内容>
既存のうちわの形状について商品化をしても問題ないかどうか

<回答>
うちわの形状については意匠登録されている可能性がある。
どのようなうちわの形状が意匠登録されているか、調べた上で回答することにしました。

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年7月20日水曜日 8時40分〜12時25分

テーマ

発明工作授業

対象者

山梨県韮崎市韮崎北東小学校 5年生

会場

山梨県韮崎市韮崎北東小学校

講師名

日本弁理士会関東支部 山梨委員会 浅川 哲
日本弁理士会関東支部 山梨委員会 土橋 博司
日本弁理士会関東支部 山梨委員会 志村 正樹

参加者人数

86人

セミナーの様子

山梨県の北西部に位置し、甲斐武田家発祥の地として知られる韮崎市内の韮崎北東小学校で「君も今日からエジソン」の講話と、工作授業を行いました。
台風の影響で休校が懸念されましたが、予報より風雨が少なく、涼しい環境で予定通り授業ができました。

1時間目は学年全体で講話。講師からの問い掛けに積極的に発言する児童が多く、興味を持って聞いてくれました。また、「サラカップル」と「カタシャンボトル」に興味を示してくれた児童も多数いました。

2時間目以降は、クラス毎での工作授業。プラスチック皿、ビー玉、工作用紙を使って、見本の回転台と同じように動く物を製作します。

今まで見たことがないような素晴らしい作品を仕上げた児童が数人おり、子どもたちの豊かな発想に感心させられました。

「知的財産特別授業」山梨県韮崎市韮崎北東小学校 「知的財産特別授業」山梨県韮崎市韮崎北東小学校

▲ページトップ

開催県

山梨県

日時

平成23年7月2日(土) 午前10時〜午後4時

テーマ

知的財産権相談

対象者

一般

会場

山交百貨店3階(山梨県甲府市丸の内1-3-3)

相談員

日本弁理士会関東支部会員

外部団体URL

山交百貨店

▲ページトップ

▲ページトップ

弁理士知財キャラバンへ設立10周年記念誌へ相談室予約専用ページ

東京都千代田区霞が関3-4-2

商工会館・弁理士会館内

  • TEL:03-3519-2751
  • FAX:03-3581-7420
  • E-mail:info-kanto@jpaa.or.jp