日本弁理士会関東支部、栃木委員会のTOPページです。

栃木委員会 沿革

平成20年度〜

関東支部規則(会令第78号)第17条第1号(委員会の設置)及び同条第2号(委員会の構成、職務権限等の決定)に基づき、栃木委員会設置 承認

栃木委員長 挨拶(平成27年度版)

ご挨拶

栃木委員会委員長 上吉原 宏

上吉原宏

今年度より、栃木委員会委員長の役を賜りました上吉原宏と申します。

私が、初めてこの栃木委員会に参加したのは今から7年前になります。飯田先生、山田先生が委員長を務められ、少人数であった栃木委員会も新たなメンバーを加え、栃木県の知財意識向上に向けた活動期を迎えたものと思われます。

栃木県が行った平成26年の全国のアンケートによれば、 栃木県のイメージの選択肢から、選ばれた1位「自然環境に恵まれている」、2位「歴史と文化がある」、3位「観光スポットが多い」、4位「おいしい食べ物が豊富」、5位「農林業が盛ん」となっております。

今期は、関東支部栃木委員会としての活動として、先期より始まる「日光ブランド」のについて、世界的知名度は高いものの、知財の観点からの取り組みや、意識向上を図るべく活動をして参る所存であります。

栃木委員会では、これまでのアットホーム的な雰囲気を生かしつつ、委員の皆様におかれましては各人が弁理士としての自信と誇りを持つと供に、それぞれ栃木県に縁のある方たちの集まりとなっておりますので、地元の発展を願うが故の意見は、確信と信念を持って発言されることから、時には意見がぶつかり合い、熱の入った議論を交わすこともあります。今後も地域に密着した知的財産の活用に関して取り組んで参ります。

他方、栃木県全般における知的財産権に関する意識は、中小企業をはじめ、決して高い地域とは言えず、多くの国や企業が知的財産権の保護・管理をし、如何に武器として活用するかという流れの中で、残念ながら未だ知的財産権についての興味・関心が薄い企業が多いのではないかと感じる点が多々あります。商工会議所や産業振興センター等との連携を図り、意識向上に取り組みます。

栃木委員会では、これらの栃木県の特徴に合わせた活動をして参ります。ご協力よろしくお願いいたします。

▲ページトップ

弁理士知財キャラバンへ設立10周年記念誌へ相談室予約専用ページ

東京都千代田区霞が関3-4-2

商工会館・弁理士会館内

  • TEL:03-3519-2751
  • FAX:03-3581-7420
  • E-mail:info-kanto@jpaa.or.jp