日本弁理士会関東支部、東京委員会のTOPページです。

東京委員会 沿革

平成20年度〜

関東支部規則(会令第78号)第17条第1号(委員会の設置)及び同条第2号(委員会の構成、職務権限等の決定)に基づき、東京委員会設置 承認

東京委員長 挨拶(平成28年度版)

御挨拶

東京委員会委員長 折居 章

東京委員会のご紹介

orii

東京委員会は、現在総勢45名の委員により、関東支部からの委嘱事項の活動を基本としながら、地域知財を活性化して産業の発達に貢献できるように活動しております。

上記活動の円滑な実行を図るべく、本年度は委員の皆様に3つの部会(23区部会、多摩部会、外部連携部会)に分かれて活動頂いており、更に全体会で各部会の情報、目標等の共有化、委員会全体に係る重要事項の決定等を行っています。

具体的には、

①23区部会では、全員に何れかの区担当者になって頂くことで、地域に則した細かい対応を目指すと共に、必要に応じて他の区担当者や関係団体と協力した幅広い活動もしております。例えば継続研修の企画実施、「としまものづくりメッセ」への参加、台東区との業務連携協定や相談員の派遣、板橋区への調査、審査員派遣等です。又、豊島区、北区、板橋区の事業と暮らしの相談会等についても引き続き、活動をつづけております。

②多摩部会では、立川市での無料相談会に、本年度から多摩会場及び府中会場も増えました。また、武蔵野・三鷹事業と暮らしの相談会、府中事業と暮らしの相談会参加の他、自治体(立川市、八王子市等)、信用金庫との交流等を継続・発展させることにより、多摩地域での更なる知財の活性化を目指しています。また、相談会併設セミナーの他、2月に開催される「たま工業交流展」に出展・無料相談も行っています。

③外部連携部会(旧他士業部会)では、これまでの東京都中小企業診断士協会との連携(例えば、共同でのワークショップ開催)やその他の士業との連携を図ることの他、各種団体との連携等も予定しています。

④尚、本年度は関東支部が東京10士業暮らしと事業のよろず相談会幹事となりますので東京委員会では、総力を挙げてイベント内容から会場準備を含め活動をしています。その為、昨年組織されていたセミナー・イベント部会(東京オリンピックに向けた活動)は本年休止とし、来年には再開して、より強力に当該東京オリンピックに向けた知財活動(イベント企画等)を進める予定です。

最後に東京委員会は、常に新しい試みを実践し(例えば、金融機関との連携の拡大、防衛装備庁での研修会開催、知財教育への連携等)、地域知財の更なる活性化を図ると共に、弁理士活動の拡大を図る所存ですので何卒皆様のご協力ご支援をお願いいたします。また、東京委員会の活動にご興味のある方には、東京在住・勤務に拘らず、是非、いつでも東京委員会にご参加いただき、一緒になって企画・運営して頂ければと思います。

▲ページトップ

弁理士知財キャラバンへ設立10周年記念誌へ相談室予約専用ページ

東京都千代田区霞が関3-4-2

商工会館・弁理士会館内

  • TEL:03-3519-2751
  • FAX:03-3581-7420
  • E-mail:info-kanto@jpaa.or.jp