12/18

東京委員会主催

Withコロナ時代で知的財産権を活用するために

15:00~16:30

会場 Zoomでのオンライン開催
定員 100名
共催団体 日本弁理士会関東会、町田商工会議所
概要説明 本セミナーは、日本弁理士会関東会との共催で、オンライン形式で行われます。実際のビジネス直結する形で、コロナ期の実務上の問題点、中小企業から大企業のBtoBマーケティングのケーススタディを扱います。

セミナーの参加者を募集しています

チラシPDFダウンロード

セミナー詳細 / 講師

第1部 15:00~16:00
  「ウィズコロナ時代を見据えた中小企業と知的財産権」
実際のビジネスに直結する知財実務、知財法の解説。
第1部 セミナー(60分)
 濱田国際特許商標事務所 所長 弁理士 濱田 修 氏
(1)ウィズコロナ時代と知的財産権
(2)町田市の産業と知的財産権
(3)営業秘密の情報漏洩の対策としての知的財産権
(4)相談先や参考文献、どんな時に弁理士に相談するか?
(5)裁判とけん制、広告、信用等、知的財産権取得による影響
(6)ケーススタディをもとに知的財産権を活用するために
第2部 16:00~16:30
  「ウィズコロナ時代を見据えた中小企業と知的財産権」
質疑応答(30分)

トップに戻る

プライバシーポリシー