東京

東京

一覧に戻る

医工連携に関わる知的財産

開 催 日:
2019年2月4日(月)15:00~18:00(開場14:30)
会 場:
弁理士会館2F AB会議室(東京都千代田区霞が関3-4-2)
費 用:
無料
定 員:
60名
主 催:
日本弁理士会関東支部
共 催:
一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ

申し込みはコチラ

概要説明

医療機器メーカーとものづくり企業と医療現場との連携により新技術や新商品を開発する際に、知財の面でどのような点に留意すべきかを実例を中心に体得できます。

講師・詳細・アクセスなど

第1部:
15:00~15:30「弁理士が伝えたい共同開発とこれに伴うリスク」
参加者(特にものづくり企業)が他社との共同で新製品の開発を行う際に想定される、技術流出のリスクや知財面でのリスクをわかりやすく説明します。
講 師:
松本 公一 氏(弁理士)
第2部:
15:30~17:30「弁理士集団が生で答える公開知財相談室」
企業代表者2名と弁理士会側からパネラーとして登壇します。コモンズ側がモデレータを行い、企業代表者2名がそれぞれ自社技術の紹介や、知財に関する課題を発表します。そして、パネラーがそれらの課題についてコメントするパネルディスカッション形式の相談会を実施します。
講 師:
柏野 聡彦 氏(一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ専務理事)
池田 清志 氏(弁理士)、寺尾 康典 氏(弁理士)、矢上 礼宣 氏(弁理士)、松本 公一 氏(弁理士)
無料相談会:
17:30~18:00(個別相談ブースあり)

開催報告

来場者数:
22名
相談件数:
5名
開催報告コメント:
医療機器メーカー等を中心に約30名の参加者を集め、医工連携と知的財産をテーマとして、実際に医療機器を製造・販売している企業による「公開質問会」形式の討論会を実施した。
その後、参加者から5社から個別相談を受けた。

トップに戻る

お問い合わせ

知的財産セミナー2018 運営事務局

東京都渋谷区桜丘町10番13号 野元第一ビル しゅくみねっと(株)内

TEL. 03-6416-1226 FAX. 03-3463-0771

メールでのお問い合わせ