トップページ > はじめての人へ・知的財産セミナー2013

日本弁理士会関東支部が山梨県で開催した「知的財産セミナー2013」をご報告します。

知的財産セミナーTOPへ

知的財産セミナー

日本弁理士会関東支部主催のイベント「知的財産セミナー2013」について、各地の模様をリポートします!

イベントレポート

日本弁理士会関東支部主催
「知的財産セミナー2013」の第3回が山梨県で開催!

日本弁理士会関東支部主催の「知的財産セミナー2013」の第3回は、9月23日(月)の秋分の日に、山梨県甲府市の山梨県立図書館で、約20名のセミナー参加者の下、開催されました。
定刻より少し早い13時55分、浅川山梨委員会委員長の司会により、セミナーが開始されました。
はじめに、羽鳥関東支部長から、知的財産セミナー2013開催の趣旨について説明がありました。その際、弁理士会の広報誌「ヒット商品はこうして生まれた」やはっぴょんフィギュアを手に持たれて熱弁されたため、参加者のつかみはバッチリでした。

続いて、セミナー第1部として、志村正樹弁理士による、特許・実用・意匠・商標の入門編「知るじゃん知的財産権」の解説が約1時間ありました。
最近の報道で話題となった、切り餅特許訴訟事件(特許)、アップルVSサムスン訴訟事件(意匠)、及び面白い恋人事件(商標)を例に、知的財産権とは何かについて、とてもわかりやすく説明していただきました。特に、各法域ごとに、出願から登録になるまでの手続を丁寧に説明していただきましたので、参加者には、われわれ弁理士の日常業務の内容が少しでも理解されたのではと思います。

10分の休憩を挟んで、セミナー第2部として、加藤卓弁理士による、「中小企業・ベンチャー企業のための知財戦略の提案」の解説が約50分ありました。
加藤弁理士の解説は、第1部の志村弁理士の入門解説を前提として、特に特許にフォーカスしたより内容の踏み込んだもので、クレーム解釈等について、初心者が陥りやすい盲点を指摘しながら丁寧に説明していただきました。また、特許権発生後の権利者および侵害被疑者のそれぞれの立場での攻防についても、様々な角度から説明していただきました。参加者には、特許権の重要さが十分に理解できたのではと思います。
予定の2時間はあっという間に過ぎてしまい、16時で今回のセミナーは終了となりました。
セミナー終了後、参加者中数名の方々が、山梨委員会所属の弁理士による無料相談会を受けられていました。 関東支部主催の知財セミナーは、まだまだ続きます。次は、10月4日(金)の埼玉です。多数の方々のご参加をお待ちしております。

知的財産セミナーTOPへ開催情報一覧へ

▲ページトップ

開催日
平成25年9月23日(月・祝)14:00〜16:40
会場
山梨県立図書館
〒400-0024
山梨県甲府市北口二丁目8番1号
後援
関東経済産業局、山梨県、公益財団法人やまなし産業支援機構、甲府商工会議所、一般社団法人山梨県発明協会
知的財産セミナー2013開催概要(会場:イベントスペース西面・定員40人)
1
知るじゃん知的財産
〜特許・実用新案・意匠・商標超入門〜
開催時間
14:00〜15:00
講師
弁理士志村正樹

最近、テレビや新聞でよく見かける「知的財産」という言葉。この知的財産の基本である特許・実用新案・意匠・商標について、実例を挙げながらわかりやすく解説します。
対象:中高生、大学生、社会人、主婦、セカンドライフなど

2
アイデアが浮かんだら出願してみよう
〜無料相談会・出願支援制度について〜
開催時間
15:10〜16:00
講師
弁理士加藤卓

アイデアを権利に結び付けるにはどうすればよいか解説します。また、中小企業・ベンチャーに立ちはだかる知財リスクや、日本弁理士会による支援制度について説明します。
対象:中小企業・ベンチャー関係者、個人事業主、起業予定者など

無料相談会(会場:交流ルーム101・定員8 人)14:00〜16:40
項目を閉じる