日本弁理士会関東会、埼玉委員会のTOPページです。

埼玉委員会 沿革

平成20年度〜

関東支部規則(会令第78号)第17条第1号(委員会の設置)及び同条第2号(委員会の構成、職務権限等の決定)に基づき、埼玉委員会設置 承認

埼玉委員長 挨拶

ご挨拶

埼玉委員会委員長 塩野谷 英城

埼玉委員会の紹介

塩野谷英城

私たち埼玉委員会は、埼玉県に何らかの縁のあるおよそ25名の弁理士で構成されています。委員会を毎月開催し、委員の積極的な参加のもと活動しております。主な活動としては、埼玉県内における各種イベントへの対応(相談員、講師など)、埼玉県内における研修・セミナーの実施、及び埼玉県内の他士業との交流を行っております。

昨年度も創業・ベンチャー支援センター埼玉において行われている無料相談会に相談員を派遣いたしました。また、他士業と合同で行う「暮らしと事業のよろず相談会」(於・浦和コルソ)に初めて参加いたしました。この相談会の後には、埼玉県内の他士業の皆様とレクリエーションや懇親会を通じて交流を深めました。

また、昨年度の研修は埼玉県内で3回開催し、9月に「今、なぜ中小企業は知財経営コンサルティングを求めるのか」、12月に「中小企業のための特許取得支援策」、3月に「中南米二大国(ブラジル、メキシコ)新興国の知的財産制度を知る」というテーマで実施いたしました。また、研修後には講師と受講者による交流会を開催し、相互の情報交換と親睦を行いました。

平成25年度は、例年通りの活動に加え、一般の方に知的財産制度を知ってもらうための「休日パテントセミナー」を埼玉県内で開催することを予定しています。また、これらの私たちの活動を一般の皆様に広く知ってもらうための広報活動のあり方についても、検討してゆく所存です。

本年度も引き続き、埼玉県内における知的財産制度の利用促進を図るため、委員一同取り組んで参りますので、関係者の皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。

▲ページトップ