日本弁理士会関東会、山梨委員会のTOPページです。

山梨委員会 沿革

平成20年度〜

関東支部規則(会令第78号)第17条第1号(委員会の設置)及び同条第2号(委員会の構成、職務権限等の決定)に基づき、山梨委員会設置 承認

山梨委員長 挨拶(平成27年度版)

ご挨拶

山梨委員会委員長 志村 正樹

全員参加の山梨委員会

志村正樹

山梨委員会は、県内在勤の7名と、山梨に思い入れがある10名の17名の委員で構成されています(平成27年4月1日現在)。他の都県委員会に比べると少人数ですが、全員が当事者意識を持って委員会活動をしています。

主な活動は以下のとおりです。

①無料相談会の開催

甲府商工会議所、富士吉田商工会議所、北杜市商工会、韮崎市商工会で、それぞれ2ヶ月に1回以上、特許、実用新案、意匠、商標、著作物に関する権利に関する相談に無料で応じています。相談会の開催日程については、各機関のホームページをご覧ください。

②山梨県十士会の活動

弁護士、税理士、社会保険労務士などの山梨県内の十の士業が、協議会や年1回の合同無料相談会を実施しています。特に合同無料相談会では、それぞれの士業が協力して複雑な相談に応じるため毎年好評です。昨年度は弁理士会が山梨県十士会の当番会でした。10年に一度の重責を山梨委員会総出で乗り切りました。

③知的財産セミナーの開催

本年度は、知的財産に関する初心者向けのセミナーを10月に県北西部で開催します。「特許制度が理解できた」、「どんな商品名が商標登録できるかわかった」などの感想を、昨年度のセミナー参加者からいただきました。

④イベントへの出展

「山梨テクノICTメッセ」や「中小企業組合まつり」にブースを設け、関東支部の活動をPRをしています。ブース内で知的財産に関する無料相談に応じています。

⑤出前授業

県内の小中高校で、知的財産に関する出前授業を行っています。「発明や特許について知ることができた」、「弁理士という職業がわかった」など、児童・生徒から好評価をいただいています。関東支部のパンフレットに掲載されている出前授業の写真は、山梨県韮崎市内の小学校で開催したときに撮影したものです。

今後も、委員会活動をこぴっとしていきますので、皆様のご利用をお待ちしています。

▲ページトップ